areaquest
   不動産経済研、近畿圏は8年ぶり1千戸割れ
 
 不動産経済研、近畿圏は8年ぶり1千戸割れ

不動産経済研究所が14日発表した今年1月の首都圏(1都3県)のマンション発売戸数は前年同月比5・4%減の1721戸で、5カ月連続で前年実績を下回った。
 
 1月は通常「マンション供給の谷間の月」(同研究所)といい、20階以上の超高層物件など目玉物件が少なかった点も影響した。販売実績を示す契約率は前年同月比1・9ポイント減の69・2%で7割の水準を割り込んだ。
 
 一方、近畿圏(2府4県)の1月のマンション発売戸数は、前年同月比9・3%減の913戸で、1月としては2005年以来、8年ぶりに1000戸を割り込んだ。
 
 ただ、契約率は前年同月比8・5ポイント増の74・9%。同研究所は、近畿圏について「マンションの供給量は減少したものの、注目物件を中心に好調な販売はみられた」と分析した。
 
 また東京カンテイが14日発表した1月の分譲マンション賃料(1平方メートル当たり)によると、首都圏(1都3県)は前年同月比横ばいの2533円、近畿圏(大阪、兵庫)は同1・2%増の1767円だった。
(MSNより引用)
 
 
 
マンションの発売戸数が減っているのですね。今後進化する不動産などに期待しましょう。
 
  Today, there have been 1 visitors (1 hits) on this page!  
 
=> Do you also want a homepage for free? Then click here! <=